イーモバイル、NTTドコモ、KDDIなどのデータ通信サービスを利用までの流れや通信速度、料金などさまざまな面から比較した。

通信速度比較 料金価格比較 エリア比較

一番人気なデータ通信カード:


モバイルで下り最大110Mbpsという通信速度を実現。
簡単な手続きだけですぐにインターネットが楽しめる。
月額2743円〜

さらに、イーモバイル新規加入なら、プラス100円でミニノートパソコンをもらっちゃおう。イーモバイル ミニノートパソコン セット

各社データ通信カード紹介

EMOBILE(イーモバイル)のデータ通信カード
最大速度下り7.2Mbps・上り1.4MbpsのHSPAデータ通信「EMモバイルブロードバンド」が主。通信端末内蔵のPDA「EM・ONE」による通信に加えて、PCと接続した状態でのデータ通信も定額制で利用できる。一般向けサービスのPC定額制は、携帯電話事業者では初となる。
商品紹介
料金紹介

WILLCOM(ウィルコム)のデータ通信カード
PHSの日本国内におけるシェアは第1位。NTTドコモが2008年1月7日にPHS事業から撤退したため[2]、日本国内でのPHS音声サービスの、唯一の実体事業者となった。
商品紹介
AIR EDGE:AIR-EDGE(エアーエッジ、旧表記AirH") は、ウィルコム(旧社名DDIポケット)が2001年6月1日より提供している、PHS回線を利用したパケット通信による、定額制または準定額制の、インターネット・サービス・プロバイダ (ISP) への無線アクセス回線提供サービスである。
ウィルコム紹介

softbank(ソフトバンク)モバイルデータ通信
ソフトバンクモバイルデータ通信の特徴:2年割引を併用いただけば、月々4,567円(税込)からご利用いただけます。また、C01SWは、海外のGSM/W-CDMAエリアでもご利用いただけます。
softbankデータ通信カード紹介
料金紹介

au(エーユー)のデータ通信カード
日本国内のau携帯電話と同じエリアでご利用が可能です。上限額があるから安心してご利用が可能。ご利用がない月は基本料金のみで維持ができるのでとってもおトク。
商品紹介
料金紹介

docomo(ドコモ)
サービスエリアなら、いつでもどこでも利用可能です。また、国内のほか、海外でも世界各地の「国際ローミングサービス」提供エリアでも利用可能です。外出や出張、旅行など、いろいろな場所でインターネットを活用したい方にオススメです。 FOMAデータ通信はWindowsに加えMacでもご利用可能になりました。
商品紹介
料金

他の会社のデータ通信サービス
@nifty高速モバイル通信
高速モバイル通信の@nifty Mobile BBは「ベストエフォート型」のサービスです。ベストエフォート型とは、最大速度および接続性について保証せず、可能な場合にのみ最大限の速度・品質で提供することを前提に、安価に高速なサービスを提供する方法です。
GMOインターネットのZERO高速モバイルデータ通信接続サービス
So-net(ソネット)モバイル通信コース



データ通信カードの解説

データ通信カードは、「PHS網や携帯電話網を利用して、Webページの閲覧やメールの送受信を行なうための通信機能を実現するカード形状の装置。ノートPCやPDAに搭載されているPCカードスロットもしくはコンパクトフラッシュスロットに装着して利用する。従来は、PHS方式のデータ通信カードが主流だったが、最近は第3世代携帯電話方式を採用したものも提供されている。なお、データ通信カードを使う際には、PHS/携帯電話キャリアのデータ通信サービスの利用契約が必要になる。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。