2008年12月27日

ウィルコム(willcom)-AIR EDGEデータ通信カード

ウィルコムデータ通信カード紹介

ウィルコムなら、購入したその日から全国でモバイルデータ通信が利用可能。モバイル利用が多いかたはAIR-EDGEやAIR-EDGE[PRO]がおすすめ。また、利用頻度が低いかた向けに、PIAFS方式に対応したC@rd H" 64もあります。

AIR EDGE/AIR EDGE[PRO]
AIR EDGE(エアーエッジ、旧表記AirH") は、ウィルコムが2001年6月1日より提供している、PHS回線を利用したパケット通信による、定額制または準定額制の、インターネット・サービス・プロバイダ (ISP) への無線アクセス回線提供サービスである。AIR-EDGEは、モバイルデータ通信のスタンダード。4xパケット方式まで対応するAIR-EDGEと、さらに高速な8xパケット方式まで対応するAIR-EDGE[PRO]の2種類から、お客さまのご利用環境にあわせてお選びいただけます。

ウィルコムのデータ通信方式
ウィルコムのデータ通信方式には、大きく「パケット方式」と「PIAFS方式」があります。
AIR-EDGEをご利用の場合は最大4xパケット方式、AIR-EDGE[PRO]をご利用であれば最大8xパケット方式までご利用いただけます。

AIR EDGEデータ通信料金コース
料金コース:新つなぎ放題
月額基本使用料:3,880円
使い放題

データ通信専用端末
MC-P300(SII、PCMCIA)
RH2000P(TDK、CF typeI)
CFE-02(日通工(現・NECインフロンティア)、CF typeII)
AH-G10(本多エレクトロン(現ネットインデックス)、PCMCIA)
AH-N401C(NECインフロンティア、CF typeII)
AH-H401C(本多エレクトロン、CF typeII)
AH-H403C(本多エレクトロン、CF typeII)
AH-F401U(富士通、USB)
AH-S101S(SII、SD)
AH-S405C(SII、CF typeI)
AH-H407P(本多エレクトロン、PCMCIA)
AX510N(NECインフロンティア、PCMCIA、AIR-EDGE[PRO]対応)
WS002IN ("DD")(ネットインデックス、USB、W-SIM端末、RX420AL利用時に限りW-OAM対応)
WS008HA(ハギワラシスコム、ExpressCard/34、W-SIM端末、RX420AL利用時に限りW-OAM対応)
AX420S(SII、CF typeI、W-OAM対応)
AX420N(NECインフロンティア、CF typeI、W-OAM対応)
AX520N(NECインフロンティア、PCMCIA、W-OAM及びAIR-EDGE[PRO]対応)
AX530IN(ネットインデックス、PCMCIA、W-OAM typeG及びAIR-EDGE[PRO]対応)


posted by admin at 13:50| Comment(0) | WILLCOM(ウィルコム) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。